送金スピードと手数料のメリット

仮想通貨は、よく送金する時に活用されています。最近では、現金でなく仮想通貨で送金している方も多いです。その通貨で送金する方が、かえって安心できる事も多いからです。手数料に関するメリットも軽視できません。

銀行振り込みに関する不安感

誰かに対して送金しますと、たまに不安感が生じてしまう事があります。というのも送金するのは、手続きに時間を要するからです。
例えば銀行振り込みです。法人に送金する時などは、よく銀行振り込みは活用されています。ただ法人に対する送金は、すぐに完了するとは限りません。
そもそも銀行振り込みの場合、手続きできる時間帯は限られるでしょう。基本的には午前中からお昼過ぎまででないと、送金の事務処理が行われません。いわゆる「事務処理待ち」の状態になる訳です。
ですから送金する側としては、少々不安になってしまう事があります。事務処理に時間がかかると、果たして相手にお金が届いたかどうか不安になる事もあるでしょう。

リアルタイムな送金が可能な仮想通貨

ところで冒頭でも触れた通り、送金したいなら仮想通貨という手段もあります。その通貨であれば、比較的スムーズに送金できるからです。
仮想通貨の場合は、上述のような窓口の営業時間は関係ありません。基本的にはリアルタイムに送金できるシステムになっているからです。仮想通貨であれば、たとえ深夜の時間帯でもリアルタイムに送金できます。
銀行振り込みの場合は、そうではありません。深夜の時間帯に振り込みの手続きを行いますと、たいていは朝以降まで待たされてしまいます。しかし仮想通貨であれば、たとえ夜中でも直ちに入金が完了するのです。
スピーディーに入金されるだけに、仮想通貨は安心という声も多いです。

送金する際の手数料のメリット

仮想通貨は、上記でも触れた手数料に関するメリットもあります。そもそも銀行振り込みで送金する時などは、数百円ぐらいの手数料がかかってしまう事も多いです。たとえインターネットで送金する時でも、手数料がかかるケースが多いです。
たとえ数百円と言っても、決して軽視できません。1回につき200円の手数料がかかるなら、100回の振り込みで2万円ぐらいになってしまうでしょう。その負担は大きいです。
しかし仮想通貨であれば、2万円もの手数料がかかる訳ではありません。金融業者によっては、無料で送金できる事もあります。送金コストを低く抑えられるのも、仮想通貨のメリットの1つなのです。