FXをするときに知っておいたほうがよい経済指標

FXは手軽にできるネットビジネスとして注目されています。
FXをする時には様々な経済指標を知っておいた方が良いというのは、当然です。毎週発表される経済指標なんてものもありますのでそこもよく注意して見るようにしましょう。
特にアメリカを見ることがFXでの成功への道、といわれていますからアメリカの経済指標を知る事には成功への近道となるわけです。
その一つとしてチェーンストア売上というのがあります。この指標が小売売上の約10%をカバーしていると言われているくらい重要な指標になっています。つまりは、アメリカの今の経済は一体どのような方向に向かっているのかといったようなことに役に立つ指標となるわけです。
もう一つが週間原油在庫というのもあります。原油価格というのが国際的な為替の変動に大きく影響するということは言うまでもないですし、また原油価格自体、需要と供給によって決まるので景気が良くて原因いう在庫が少ないと原油の価格は高くなるということになりますし、その逆になることもあるわけです。
もうひとつ重要な指標としてあるのが住宅ローン申請指数というものでするアメリカにとって住宅というのは投資の対象になるものであり、もう結構前の話になりますがサブプライムローンなんてものはある意味はアメリカ独特の事情で起きた経済危機、金融危機であるといえるわけで、一応、しばらくは雨カリも反省していたのか大人しくなりました。
それでもやはりまだ住宅ローンによって住宅市場というのが活気付くことがあります。
そのローンの申請数によってある程度景気の動向などが判断できるわけです。
これもFXをするときにはどのような見方をするべきであるのかとかどのような判断をどのような数字の時にはするべきであるのかといったようなことにつながる指標となっています。
そして何より最も大事と言われている指標の一つとして雇用統計というのがあります。
これはアメリカに限ったことではないのですので雇用状況、つまりは失業率はやはり経済に大きく影響するということになりますのでこれなら為替に影響するということもかなり強く期待できます。
よいほうがよい、というわけではなく、自分の判断の基準としてどのような時にはどのような方法で為替が動くのかという予想のやり方を理解しておきましょう。
簡単に言えばそれこそ悪いときに動く方向が分かればその方向で儲かる取引をFXですればよいだけです。